記事一覧

レッドやグリーンなどカラフルなカラーで彩ったコレクション

ア ベイシング エイプ(A BATHING APE)とコカ・コーラのコラボレーションによるアパレルコレクションが、2020年7月25日(土)より全国のベイプストア、ア ベイシング エイプ公式ウェブサイト、BAPE.COM、ゾゾタウンにて発売される。

これまでも、様々な言語の「COCA-COLA」ロゴとベイプ カモを融合したカプセルコレクションなど、ユニークなアプローチでコラボレーションを繰り返してきたア ベイシング エイプとコカ・コーラ。今回のコレクションは、両ブランドのロゴやキャラクターをレッドやイエロー・グリーンといったカラフルなボディにのせ、ポップで爽快感のあるデザインに仕上げた。
人気絶頂のバレンシアガのトリプルSの着こなしをチェック!-STYLE
コカ・コーラのロゴ入りベイプスタ

中でも注目は、2020年に20周年を迎えたア ベイシング エイプのスニーカー「ベイプスタ」をベースにしたシューズだ。アッパー外側に、誰もが知るコカ・コーラのスクリプトロゴを、内側には「ベイプスタ」お馴染みの星のモチーフをあしらっている。

カラーは、ホワイトと、鮮やかなコークレッドの2パターンをラインナップ。

カラフルなTシャツやショーツ

Tシャツには、ア ベイシング エイプの人気キャラクター「マイロ」がサーフィンやスケートボードをしているグラフィックを大胆にプリント。両ブランドのロゴを大胆にプリントしたパーカーやショーツは、イエローやレッド、ブルーなどカラフルなカラーで展開する。

“モーターサイクル”がテーマのメンズコレクション


モーターサイクルをテーマにした2018-19年秋冬メンズコレクションには、1940年代の軍用バイクに見られる曲線、50年代のモペッド(ペダル付きバイク)に見られるクールさ、自由奔放さが感じられる60年代、70年代、80年代のストイックさや、幾何学なシェイプが取り入れられている。

「MERCURIO」シリーズ

「MERCURIO」は、ワイルドに生きる男性に向けて提案したい新シリーズ。1940年代のバイクのボディシェイプやラインをバッグのみならず、エレガントな佇まいのレザーやエンジンボトルから着想を得たサテンメタル素材に落とし込んでいる。

圧縮PVCを織り込んだ特殊素材は、無骨な雰囲気を漂わせ、モノトーンのタータンチェックやアニマルモチーフのバッグに男性的な強さの象徴として用いられた。また、バッグに描かれた“STAY RECKLESS”は、訳すと「無謀であれ」という意味。まさに力強く生きる男性たちに向けてのメッセージだ。

「GIOVE」シリーズ

ストラップ調整可能な人気バッグ「GIOVE」は、スモーキーなブルーとイエロー、ブラックの3色で展開。さらに、よりカジュアルなトートタイプが登場する。また、同ラインのクラッチバッグは、前シーズンよりひと回り小さくなり、今まで以上に手元に馴染むサイズでラインナップ。

フローラルドレス着想の“ローズプリント”

シーバイクロエ(See By Chloé)からカプセルコレクション「JARDIN DE ROSES」が登場。全国のシーバイクロエブティックにて2021年4月23日(金)より順次発売される予定だ。

フランス語でローズガーデンを意味する「JARDIN DE ROSES」カプセルコレクション。50年代や90年代のフローラルドレスに着想を得た“ローズプリント”が彩りを添える、バッグやTシャツを展開する。

“SBCロゴ”入りトートバッグ

バッグは、ハンドルとストラップによって持ち方のアレンジができる新作トートバッグ「TILLY」や、サイドのリボンがロマンチックなムードを演出するファブリックバッグ「BETH」がラインナップ。いずれもエンブレム調にデザインされたSBCのロゴとともに、色鮮やかなローズプリントをレイアウトした。

ギャザー入りプリントTシャツなど

プリントTシャツは、3型を用意。袖にギャザーを入れたTシャツや、苺やリンゴ、鍵などカラフルなグラフィックを散りばめたTシャツなどが揃う。

ヴィヴィアンウエストウッド


シンプルベーシックから、派手で個性的なキーケースも揃っているヴィヴィアン。
ヴィヴィアンは高校生・大学生・20代女性をメインに人気があるイギリス生まれのブランド。ここ最近はケイトスペードのようにトレンドブランドの1つになっていて、誕生日やクリスマスの季節には、必ずと言っていいほどヴィヴィアンのアイテムをプレゼントで貰う方も増えてきました。
 
ちなみにブランドを象徴するORB(オーブ)には、英国エリザベス女王が持つ杖の先端についているモチーフを真似た物。イギリスの伝統という意味が込められています。

【モノグラム】
ヴィヴィアンのアイコン「ORB」とスターを、モノグラム調に型押しした遊び心たっぷりのキーケース。
内側はビビッドなカラーを効かせてVivienneらしさも抜群!

【SIMPLE TINY ORB】
スムースな革製と小ぶりORBのミニマルにこだわった上品なキーケース。
洗練されたデザインが貴女をオトナっぽく見せてくれるはず。よく使う鍵を表に出しておけるキーリング付き。

【ダブルフラップ】
大胆なカラフルカラーのアンサンブルがおしゃれな、フラップを重ねたデザインのキーケース☆
中はカード入れポケットが5つも付いていて機能派な一面も。素材は なめらかな手触りのシュリンクレザーを使用。ルックスも機能も素材もすごいんです!

トム フォード タイムピースの腕時計「N.001」

トム フォード(TOM FORD)のウォッチコレクション「トム フォード タイムピース(TOM FORD TIMEPIECES)」から、第2弾となるロンハーマン(Ron Herman)限定ユニセックスウォッチが登場。2021年4月3日(土)よりロンハーマン各店にて発売される。

文字盤、ストラップにブラウンカラーを採用した第1弾コラボレーションモデルに続く今回。ベースには、前回同様、スクエアフェイスのクラシックなダイヤルに自由に付け替えできるストラップを組み合わせた、「トムフォード タイムピース」の腕時計「N.001」を採用した。

ダイヤルには、新色となるネイビーカラーを配色。アングルによる表情の変化を楽しめる深い色味で、上品な手元を演出してくれる。
組み合わせるカーフレザーのストラップは、文字盤に合わせたネイビーカラーを採用。フランスのアトリエにて手織りで編み込まれた、特別な仕様となっている。

IWC

空に浮かぶ太陽と月をイメージしたジュエリー


海と同様に今回のコレクションを象徴するモチーフとなっているのが、太陽と月。サンストーンを8本の爪でシンプルに留めたエネルギッシュで夏らしいピアス、あるいはムーンストーンで表現した満月にイエローゴールドの三日月を組み合わせたネックレスは、南国のビーチから望むロマンチックな情景を思わせる華やかなジュエリーに仕上がっている。

30代に人気の腕時計_ブルガリ(BVLGARI)


【ブルガリ・ブルガリ】古代のコインから着想を得たというベゼルに刻まれた「BVLGARI」ロゴが特徴的なブルガリ・ブルガリ。ちょっと背伸びしたい、リッチな大人の魅力を引き出す腕時計です。

ルイ・ヴィトン×川久保玲のコラボ「バッグ ウィズ ホールズ」“穴あき”モノグラムレザートート

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、銀座並木通り店のオープンを記念して、コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)の川久保玲デザインによるトートバッグ「バッグ ウィズ ホールズ」を2021年3月20日(土・祝)に発売する。販売にあたり、3月1日(月)から7日(日)までの期間に事前抽選を行う。

川久保玲デザイン「バッグ ウィズ ホールズ」


「バッグ ウィズ ホールズ」は、2014年に発表されたコラボレーションプロジェクト「アイコンとアイコノクラスト:Celebrating Monogram」にて初披露された川久保玲デザインのバッグ。端が切りっぱなしになっている穴が開いているのが特徴だ。

「アイコンとアイコノクラスト:Celebrating Monogram」には川久保玲や、カール・ラガーフェルド、クリスチャン・ルブタンといったファッションデザイナーのほか、写真家兼映画監督であるシンディ・シャーマン、プロダクトデザイナーのマーク・ニューソン、建築家のフランク・ゲーリーら6名が参加し、メゾンの象徴である「モノグラム」に独自の解釈を加えてクリエーションを行った。

モノグラム・パターンを配した“穴あき”ブラックレザー


今回はルイ・ヴィトン 銀座並木通り店のオープンにあたり、2014年当時のフォルムを生かしつつ、新たな限定モデルとして「バッグ ウィズ ホールズ」が登場。エンボス加工でモノグラム・パターンを施したブラックのグレインカウハイドレザーに大胆な穴を開け、内装には取外し可能なテキスタイル製ポーチを配した。


サイズは2種類を用意。しっかり収納できるオリジナルのMMサイズに加え、ひと回り小ぶりなPMサイズも展開される。PMサイズには取り外し可能なショルダーストラップを付属し、クロスボディバッグとしても使える仕様に仕上げている。

原宿のエキシビションにもバッグを展示
なお、3月19日(金)から原宿にて開催されるルイ・ヴィトンのエキシビション「LOUIS VUITTON &」では、川久保玲に特化した展示室を設置。今回の「バッグ ウィズ ホールズ」新作バッグや2014年のモデル、ルイ・ヴィトンとこれまでにコラボレーションしたアイテムを展示予定だ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ